• スタッフブログ 先生やオーナーが教室の出来事をお知らせ!
  • よくある質問
  • 採用情報
  • 会社概要


  • ちょうふどっとこむ
  • 調布FM
ドリームヴォイスが企画・制作するラジオ番組  ドリームヴォイスコミュニティラジオステーション 「ドリラジ!」
過去の放送内容 2012年 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2013年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2014年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2015年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2016年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2017年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】

  ★DREAM-SIDE★
「ユメノカナエカタ」 ~前編~

【ゲスト】  佐野バビ市さん(演出家・俳優)
 
さて、なんと2年4ヵ月ぶりの再登場の劇団東京ミルクホールの佐野バビ市さんです。
今回は9月に3年半ぶりに行うミルクホールの公演の宣伝もかねて登場してくれました。
この間の劇団のお休みしていた理由、今回の舞台の見どころなどを語ってくれましたが、
話すうちに佐野くんの好きなアーチストのことなど
不思議とわかってしまうフチダでありました。


   
★VOICE SIDE★
「語ろう!そこそこ本が好き」

【ゲスト】 武井渉さん&重松伸志さん


 
あくまで「そこそこ」本が好き(マンガではない)の
2人をゲストにお迎えして語ります。
しかしあくまで「そこそこ」で、結局、
プロレス格闘技が好きなんじゃねーかおいという
りんちゃんのつっこみが炸裂する回になりました。



  ★DREAM-SIDE★
「ユメノカナエカタ」 ~後編~

【ゲスト】  佐野バビ市さん(演出家・俳優)
 
後編は佐野くんに「好きなものを語ってもらう」という企画。
佐野くんの好きなものは「明石家さんま」師匠です!
前回の出演時にさんまさんへの思いをぶちまけていましたが、
それをフチダが覚えていて今回の企画。
ノートに語りたいことを書いてきて準備万端で
さんま愛、さんまさんの知られざる情報を語ります。
さんまさんのファンも必聴の回ですよ!


   
★VOICE SIDE★
「語ろう!男が結婚を決意する時」

【ゲスト】 小沢康二郎さん&川合宏樹さん


 
さて、どこにニーズがあるのか微妙な企画ですが、男性2人ゲストによる回。
全く興味のなさそうなりんちゃんの死んでるやる気のないコメントにも注目です。
初登場の「良い声」川合くんは収録の次の日にほんまにプライベートで
プロポーズしたそうです。
こうじろうくんは実は入籍間近の収録でこの時はまだ情報公開前。
しらっと語るこうじろうくんにもご注目。




~オリジナルラジオドラマ1~
「秘密のミッション」

【出演】栗原優子さん 重松伸志さん 瀬戸詩音さん 伊沢友希さん
【特別出演】拵井絵里加
【脚本・編集】ふちだやすたか


あらすじ
地球を出発した宇宙船ドリーム1号。
乗り込んだ船長、アンナ、ライカの船員3名。
人類が移住できる星を探索していたが断念。
地球に戻ることを選択する。
食料も残り少なくなってきた状況で3人の人間バランスが狂いはじめる。
アンナは船長、ライカの2人が
自分に秘密にあるミッションを遂行していることに気がつきだしたからだ。


~オリジナルラジオドラマ2~
「おから」

【出演】重松伸志さん 伊沢友希さん 瀬戸詩音さん 栗原優子さん
【特別出演】拵井絵里加 ふちだやすたか
【脚本・編集】ふちだやすたか


あらすじ
極端に食わず嫌いの中学生のカズヤ。
ある日、クラスに1人の女の子が転校してきた。
授業で好きな食べ物を聞かれ、
他の生徒がいろんな美味しそうな食べ物をいう中、
彼女の好きな食べ物は「おから」だった。


過去の放送内容 2012年 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2013年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2014年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2015年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2016年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2017年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】